「日本市場向けMacサブノート」のうわさ再燃

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2007年02月16日, 午後 06:00
0シェア
FacebookTwitter

アップル関連のイベントが近づくたびに蒸し返される新MacBookのうわさ話。Macworld 2007直前にも話題になっていた「12インチのMacサブノート」がAppleInsiderにまた登場しています。あいかわらず「アップルに近いソース」からという情報によれば新MacBook (Pro)は特に日本市場攻略を狙った薄型サブノートとなり、6月のWWDCで発表される(らしい)とのこと。

方々で出回っている噂を総合すると新型は光学ドライブ非搭載でかなりスリムとも、大容量NANDフラッシュメモリを搭載して起動速度やバッテリー駆動時間を改善ともいわれています。HDDのかわりにSSDだけを載せるのか、あるいは適当な容量のNANDフラッシュとHDDのハイブリッドなのかは不明。AIの記事では「フラッシュ採用はまだ最終決定ではない」となっています。

おなじみアップル系の単なるうわさとして話半分から16分の1程度で聞いておくにしても、たしかに日本では確実に売れそうな製品ではあります。ある程度高くても許されるはずのMacだけに、スペシャルな上位には64GB SSDくらい載せてくるかもしれません。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
0シェア
FacebookTwitter