アップルがiPhoneを華々しく発表、したけれどもうひとつのiPhone (VoIPハンドセット)を出しているCiscoと商標権侵害で揉めていた件について、両社が和解に達しました。アップルの極めて短いプレスリリースによれば、アップル・シスコの両社とも"iPhone"の名称を使うことができ、お互いの製品について「セキュリティ、コンシューマおよびエンタープライズコミュニケーション」での相互運用性を追求する、とのこと。

シスコの主張は「アップルからは再三使用許可の申し出があり話し合いを続けてきたのに合意する前に見切りで発表しやがった訴えてやる」、アップルの主張は「くだらない訴訟」であったところからするとシスコの主張が通り、iPhoneの名を使ってよい代わりに当初から求めていた相互運用性(を追求するという確約)を得たというところのようです。

合意に達したというインターオペラビリティの中身についてはまったく不明。とはいえ、無線LANを載せているiPhoneがシスコやそのほかの製品と使えるVoIP規格に対応するならばユーザにとってもよい話です。