レノボがThinkPad用バッテリーの自主回収を発表しました。2005年11月から2007年2月にかけて販売されたThinkPad用の9セルリチウムイオンバッテリー約20万個が対象となります。問題はこのバッテリーを装着したノートを床に落とすなど強い衝撃を加えた場合にバッテリーが過熱、場合によっては発火につながる危険性があるというもの。

バッテリーセルの製造は三洋ですが、昨年レノボで約50万個、世界で約1000万個が回収されたソニー製バッテリーのようにセル自体に欠陥があるものではないとされています。

問題のバッテリーの部品番号は「FRU P/N 92P1131」。日本ではThinkPad T60pシリーズの公開発表モデル、および法人向けの一部カスタマイズモデル、グローバルモデルのみが対象とのこと。心当たりの方はリンク先の自主回収ページで確認できます。

Read - レノボの自主回収ページ(日本語)
Read - 米SPCS(消費者製品安全委員会)の詳細