小さくて動画も静止画もいけるムービーカメラとして独自のニッチを築いている三洋Xactiに、H.264 / AVC形式で記録できる新モデルDMX-CG65が登場しました。映像処理エンジンがH.264対応の「ピュアフォースエンジンIII」になったほかの仕様は前モデルDMX-CG6とほぼおなじ。動画連続撮影約70分・連続再生200分・静止画連続撮影約155枚というバッテリーも相変わらずですが、H.264採用により画質:ビットレート(ファイルサイズ)比は向上しています。音声は48kHz 16bit 2chのAAC形式。

動画の撮影モードはVGA / 30fps / 3MbpsのTV-SHQ、VGA / 30fps / 1.5MbpsのTV-HQ、320x240 / 30fpsのWeb-SHQ、320x240 / 15fpsのWeb-HQまで。4GB SDHCカードならTV-SHQで2時間45分、TV-HQで5時間13分。(バッテリーそのものは連続70分しか撮影できません)。

そのほか基本仕様は600万画素、35mm換算38mm~190mmの光学5倍ズーム、電子式の動画手ブレ補正、静止画の手ブレ補正は撮影時のぶれをジャイロで記録してあとから画像処理で補正する「手ぶれキャンセラー」方式。静止画感度はオートでISO50 - 400相当、マニュアルで50 - 1600まで切替式。画素混合と低fps化で約2ルクスの被写体照度まで動画撮影できるランプモードも健在。

発売は4月下旬から、価格は予想5万円前後。また三洋では「Xactiを中心としたソリューションを「Xacti-Universe(ザクティ・ユニバース)」として位置付け(略)世界観を発展(略)「Web 2.0」時代をリードするWebコミュニティ運営4社(略)Xacti 2.0プロジェクト」というかすかに不安を覚えないでもないプロモーションを展開するようです。具体的にはシックスアパートなどのWeb 2.0系企業と共同で、ウェブ上での動画系サービスやH.264フォーマットの普及、webコミュニティと動画共有やら配信やらでなんとかというプロジェクト。H.264対応のサービス基盤が増えることには期待できそうです。