オープンソース開発者や各国関係者に配布されている量産試験型ハードウェアもベータ3フェイズを迎え、ソフトウェア側・コンテンツ側の開発も盛んになってきたOLPC XO ノートですが、採用しているLinuxベースのOS + "Sugar"インタフェイスを手軽に試せるLive CDイメージが公開されています。

これまでもQEMUやVMwareといったエミュレータで試すことはできましたが、Live CDイメージを落として焼けば適当なPCに入れて起動するだけでOLPC気分が味わえます。解説によれば、制限は一部のMacBookで無線LANが使えないくらい(OLPCのハードウェア依存なところももちろん再現できません)。

Live CD版という制約上、最近またスペックが上がったXOのレスポンスを試すためには使えませんが、これから数百万台・数千万台単位で世界の子供たちが使用することになるUIのプロトタイプを試す・ダメ出す目的には使えるはず。ダウンロードはリンク先("Read")から。