写真をみれば説明不要なカレンダー×シュレッダー。一年365日をざくざくと切り刻み、過ぎていった時間を床に積もらせます。電源ボタンは搭載しないため、時間と同じく止めることは不可能。

デザイナーSusanna Hertrich氏いわく、「人間の冬眠が可能となった近未来を想定して」現在ではなく過ぎた時間を示す道具として製作されたとのこと。何いってんだか分からないという方はリンク先をどうぞ。一日に一回ガーッと裁断するのか、それとも過ぎてゆく一日が少しずつ屑になってゆくのかちょっと気になります。

[本家Engadget]