ビルドアップから「黒酢をイメージした」黒いヒューマノイド・ロボ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2007年05月18日, 午後 11:00
0シェア
FacebookTwitter


Robot Watchのヘッドラインで「"お酢"プレゼンロボットを開発」を見かけて「ああ、食品のプロモ用ロボね。ほのぼの系?」と思ってクリックしなかった方。いまクリックして読みにいきましょう。上のどう控えめに見積もっても全人類奴隷化を狙っている風情のロボットはタマノイ酢からの受注で製作された「プレゼン・ロボTYPE 02」で、殺人ロボ軍団の指揮ではなくお酢のプレゼンが使命とのこと。作動中の動画は「続きを読む」以下。
たしかにこれが滑るように近づいてきてお酢を差し出したら飲んでみようという気にもなります。リンク先Watch記事によると、次回は「よりリアルに顔の表情を表現できるロボット」の製作を企画しているとのこと。つまり指揮官の次は人間社会に浸透する系のエージェント・ロボを狙っているようです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
0シェア
FacebookTwitter