ソニー プレイステーション・ポータブルの新型については薄型&8GBフラッシュメモリ内蔵になる、あるいはサムスン製60GB HDD内蔵ともさまざまな噂が現れては消えてきましたが、PSP2またはPSP Liteにあたる新ハードウェアは年内、もしかしたら夏には登場すると考えて良さそうです。

ソニーのGamers Dayイベントに出席したアナリストColin Sebastian氏のリポートによれば、ソニーはPSPの「ハードウェアリフレッシュ」を年内にも予定していることを明らかにしたとのこと。そのほかPSPについて発表されたのは140タイトルの新規発売、ビデオダウンロードサービスなど。

「リフレッシュ」の具体的内容については定かではありませんが(美味しいものを食べてゆっくりするとか温泉とか)、プレイステーションの伝統として現行の資産を無駄にしない程度のアップグレードであると考えられます。先日の決算報告では06年度Q4(第4四半期)における生産出荷数が欧州・米国ともに「ゼロ」というこの上なくアキュレートな数字が明らかになりましたが、これも新型登場にそなえた在庫調整であると考えれば驚くことでもなさそうです。

(※上は捏造図です。)