デルのノートPCにも採用されているサンディスク製SSDに容量64GBモデルが登場、COMPUTEX TAIPEI 2007にてお披露目されています。プレスリリースによると、発表されたのは2.5インチのSATA 5000 2.5"、1.8インチのUATA 5000 1.8"の2モデル。

すでに登場している32GBモデルとおなじく信頼性、転送速度、低消費電力に優れ、MTBF(壊れるまで平均時間)は200万時間、サステインリードは67MB/秒、ランダムリードは7000IOPS(512byte転送時)、作動時の消費電力は2.5インチ版で1.0watt、1.8インチ版では0.5wattと一般的なHDDの半分以下。

もう少しイメージしやすい表現では、Windows Vista Enterprise起動にHDDで48秒かかるノートもSSDにすれば30秒(※計測環境はRead先を参照)。

生産スケジュールはサンプル出荷が今年Q3、年末から量産とされています。気になる価格についてははっきりした言及なし。現行の32GB SSDは標準のHDD構成+$500程度のオプションとして提供されている場合が多くみられますが、年末や来年にはおなじような感覚で64GB SSDノートを購入できるかもしれません。