HTCが新たなWindows Mobileスマートフォン"HTC Touch"を発表しました。「新たな」といってもハードウェア的には半年前にお伝えしたHTC Elf / ドイツO2では Xda novaとして販売されているモデルそのまま。2.8型タッチスクリーンにキーボード無しの小型Windows Mobileスマートフォンとなります。違うのは新タッチスクリーン技術 / インターフェイス "TouchFLO"を搭載すること。

TouchFLOはメールやコンタクト・カレンダーといった基本機能を備えたHTC製のホームスクリーンアプリのようなもので、タッチスクリーンの下端から上に向かって指をスライドさせる動作で呼び出します。画面は指で選択しやすい大きなアイコンで構成されており、指やスタイラスを左右に滑らせて機能を切り換える仕組み。アプリケーションが各面に貼りつけられた3Dキューブを指で回転させるようなイメージで......と説明するよりRead先のFlashデモをごらん下さい。

TouchFLOにはサムネイルつきスピードダイヤルを備えた独自の通話アプリなどが含まれるほか、通常のWMアプリを呼び出すランチャとしても機能します。またブラウザのような一般アプリケーションのスクロールを指のスライドでおこなえるタッチスクロールといった機能もあり。

ハードウェアスペックとしては2.8インチディスプレイ、OMAP850プロセッサ、3バンドGSM、802.11b/g WiFiとBluetooth 2.0、microSDスロット、2メガピクセルカメラなど。サイズは99.9x58.13.9mmと小型。まずは英国から発売され今月にも欧州、アジアへ、今年後半から南北アメリカに展開予定。

ギャラリー: HTC Touch with TouchFLO


Read - プレスリリース
Read - TouchFLO Flashデモ