ゲーム界の歴史の皮肉として語られるエピソードのひとつに、「"プレイステーション" はもともと任天堂とソニーの共同開発によるスーパーファミコン互換CD-ROMマシンとして登場するはずだった」というものがあります。結局製品として陽の目を見ることがなかった理由にはさまざまな説がありますが、結局ソニーからは独自の「プレイステーション」が登場、その後の二世代覇者となったのはご存じのとおり。

というわけで、game-rave.comが「原プレイステーションのプロトタイプ」と称する画像を公開しています。それらしい端子類やソニーロゴ、巨大なEJECTボタンなどが配されていますが具体的な情報や出所は一切不明。SFC互換PSの開発がどの段階まで進んでいたかさえ定かではなく、この「プロトタイプ」もモックのようでそうではない、とってつけたようなロゴ配置などあとからPSとスーパーファミコンの要素を混ぜたような印象があるものの、真贋はさておき「スチームパンク~」のような存在しなかった歴史の再現作品としてはなかなか面白いテーマです。ジャンクのゲーム機を寄せ集めてゲーム界には無数にある構想倒れ製品を作ってみるのも楽しいかもしれません。


[via nintendo fanboy]