マイクロソフト:「ディスクに傷」は使い方の問題、Xbox 360に原因なし

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2007年06月10日, 午前 03:00
0シェア
FacebookTwitter

Xbox 360のゲームディスクに同心円状の傷がつくという一部ユーザからの苦情、または「ディスクに傷がマスターチーフ」問題について欧州委員会が報告を命じていた件について、マイクロソフトから公式な回答がありました。MCVに掲載されているマイクロソフトのステートメントによると、ディスクの傷は不適切な扱いによるものと考えられ、Xbox 360本体に単一の原因、またはシステム上の問題は存在しないとのこと。

もともとゲームディスクを高速度でほぼ常時回転させる仕様のXbox 360は(光学ディスク)ゲーム中に本体を倒す・振動を与えるといった原因でディスクに傷が付くことはあるとされてきましたが、今回の回答は原因が特定ドライブの仕様・設計にあるのではないかという疑問を真っ向から否定するものとなります。

安定した場所に設置して注意深く扱ってもディスクに傷が付いたというユーザにとってはなかなか納得しがたいコメントですが、どのような製品にも起こり得る偶発的な製造上の問題までを否定するものでは(おそらく)ないはず。とりあえずは自衛のため本体の安定を確保、心当たりがないのに傷が付いていたらこれまで通りサポートに連絡してください。

["abc_rx"さん、ありがとうございます]
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
0シェア
FacebookTwitter