Logitechがプレイステーション3用のワイヤコントローラCordless Precision for PlayStation 3を発表しています。純正コントローラSIXAXISとの違いは新世代の機能を除去して前世代の機能を追加、つまりモーションセンサを省いて振動モーターを内蔵したこと。

SIXAXISはPS3に搭載されたBluetooth機能で接続しますが、こちらは(ライセンスの関係からか)USBポートにドングルを装着する方式。また充電式のSIXAXISと異なり単三電池2本を内蔵、連続使用時間は約50時間となっています(パワーマネジメントを勘案すると「最大300時間のプレイが可能」)。つまり意識しないほどの軽さが売りだったSIXAXISよりかなり重め。

Bluetooth接続ではないということはアップデートのたびにSIXAXISを有線接続し直す手間がなくなって便利かも......と思えば、リンク先IGNの記事によればコントローラから電源が入れられない(!)とのこと。細かい点としてはR2 / L2ボタンがSIXAXISの膨らんだかたちではなく指をかけられるトリガー状になっていること、SIXAXISと違いテーブルに置いたときR2 / L2が「足」にならないところなどが目につきます。持ち方・置き方にもよるものの、R2 / L2が暴発しにくいのは利点かもしれません。

北米での価格はSIXAXISより$10安い$39。PS3ならではのモーションセンサーを存分に活用したタイトルの数々、たとえばLairやLairやLairなどを直感的操作で楽しめないのは残念ですが、Immersionとの和解でPS3タイトルでも復活するであろう振動機能に対応するのはうれしいポイントです。