Icronから「電力線USB 2.0」技術

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2007年06月19日, 午後 01:00
0シェア
FacebookTwitter



有線・無線のUSBエクステンダやDVIエクステンダのIcronが、世界初という「USB 2.0 over 電力線」技術を発表しています。物理層に松下のHD-PLCチップを利用したもので、PCのUSBポートからドングルを介して壁のコンセントへ、屋内の別のコンセントに接続した4ポートUSBでキーボードやストレージ類、ウェブカメラ、プリンタなどが使えるというもの。PCからは透過的に扱えるためドライバなどは不要、OSを問わないのも利点。最大速度は「190Mbps」とあるもののたぶんHD PLCレベルの話でUSB転送の速度は不明。

電力線LANで良いような気がしますが、PCに直接USB機器をつなぐところまでは理解できてもネットワークをセットアップしてたとえばプリンタサーバを設定する、といったややこしいことは無理という場合、あるいは家中で変USBガジェットを使いたい方には意味があるかもしれません。テクノロジーデモなので製品化の予定は不明。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents