ジョブズCEOがDカンファレンスの手みやげとして発表したとおり、本日よりApple TVでYouTube動画が観られるようになりました。またアップルの発表によると、6月29日に発売されるiPhoneにも専用のYouTubeアプリが搭載され、H.264でエンコードされた高画質動画を全画面で鑑賞できるとのこと。

YouTubeの.flv動画は従来あまり褒められたものではない画質で(再)エンコードされていましたが、より小さなファイルサイズでより高画質、また長いバッテリー駆動時間のためH.264コーデックでのエンコードが開始されており、29日のiPhone発売時には約1万本が、今秋にはすべてのYouTube動画がH.264フォーマットで提供されます。アップルいわく、「iPhoneはH.264でエンコードされたビデオを使う最初のモバイル機器となります。」

iPhone版YouTubeインタフェイスの動画デモもアップされています。iPhoneだけでなく、H.264を低負荷で再生できる機器(アレとかアレとか)にとってもうれしいニュースです。ところで、リンク先のアップル(和)プレスリリースでは「YouTube Live、本日からApple TVに登場」となっていますが、これは"YouTube Live"という何か新しいサービス?名称?なんでしょうか。