センチュリーの「シリコンディスクビルダー CF」はCFスロットx3を備えたいわゆるSSD化アダプタ。本体は9.5mm厚の2.5インチHDD型で、インタフェイスはPATA(UDMA100)を採用します。以前掲載したSDx4 SSDアダプタ製品は使用できるカードの容量に制限がありあまり実用的ではありませんでしたが、シリコンディスクビルダー CFは2GB以上のCFにも対応、カードを三枚使用した場合の理論上合計最大容量は2TB(どこにそんな容量のCFが売っているかはさておき)。

また2枚または3枚のカードにまたがったストライピングにより高速な転送が可能としています。ベンチはみあたりませんが動作確認済みカードにはSanDisk Exreme III、IV、また高速転送には20MB/s以上のCFを使用せよとのこと。

センチュリーダイレクト価格は本体のみ1万7800円。つまりそこそこの速度のCFなら4GB x3枚の12GBで合計3万円程度、8GBのCFを三枚の24GB SSDにしても5万円程度で実現できるはず。ストライピングして実際のrw速度がどの程度かは分からないものの、価格容量比的にはなかなか魅力的です。

[タレコミはShingi Hashimotoさん。ありがとうございます]