カスタマイズ可能なコントローラといえばソフトウェアまたはコントローラ側ロジックでボタン配置を入れ替えられるもの、ホットキーに特定の機能を割り振るもの、あるいは交換・追加部品でキーの感触や形状を多少変えるようなものが思い浮かびますが、CUBE WORLDでおなじみRadica / GAMESTERブランドからは別次元の「カスタマイズ対応コントローラ」 Phoenix Revolutionが販売されています。

コントローラとしての機能・構成はプレイステーション2互換のよくあるパッドながら、売りは写真のようにボタンやアナログスティックといった入力部分を物理的に引っこ抜いて自由に差し替えられるところ。各部品が共通のソケットを使うようになっており、左アナログスティックが上になったXbox風はもちろん、ボタンと十字キーを入れ替えていわゆる左利きコントローラにも変更可能。ゲーム側のキーコンフィグと組みあわせれば片手操作にも対応できそうです(でも重いらしい)。

肝心のコントローラとしての使い心地&感触については、リンク先「ゲームパッド地下秘密」の詳細レビューによれば「普通に使いやすい」とのこと。2セットあったらついやってしまいそうな魔道配置は「続きを読む」のあと。

[たれこみはKarasuma_usbさん。ありがとうございます!]

アナログスティック x4の変態構成。でも認識しません。