iPhoneはiPod機能だけでもサービスプラン必須

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2007年06月27日, 午前 03:00 in apple
0シェア
FacebookTwitter


iPhoneを携帯電話としてではなくワイド画面iPod 兼 WiFi インターネットタブレットとして使いたい人にはあまりうれしくない情報がでてきました。アップルのiPhoneサービスプランページに細字で書いてある注意によると、キャリアat&tと最低でも2年契約を結びアクティベーション費用を支払わないかぎり単なる iPodとしても使用できないとのこと。

新規二年契約で考えると一番安いプランで月$59.99 x 24カ月、iPhone本体(安い方)の$500を加えてほぼ1940ドル、約24万円。これに初期セットアップ費用(アクティベーション)の$36と税金がかかる計算になります。既存のat&t音声通話プラン加入者は通常料金プラス月$20のデータプラン加入が必須。

問題は別キャリアからat&tに乗り換えたくないとき、とりあえず契約してアクティベーション費用を払いそれから解約した場合にどの程度の機能が無効になるのか。公式には不明ながら、関係筋によればいちどアクティベーションをすれば解約後も(電話とEDGEデータ通信以外は)使える「らしい」という話もあります。2年プランの解約費用は$175らしく、うまくゆけば本体$500か$600+初期セットアップ費用+違約金、つまり8万円から10万円程度で4GB / 8GB ワイド画面インターネットiPodとして使えるかもしれません。

仮にサービスプランが生きていないとほとんどの機能が無効化される場合、安そうなのは使い捨て携帯とプリペイドプラン2年分で$200 + iPhoneに機種変更して$500か$600+ データ通信が$20 x 24カ月で$1200~$1300くらいとのこと。日本のキャリアから登場する前にとりあえず手に入れたい方には気になる話です。


[via 本家EngadgetTUAW]

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, iphone
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents