プレスリリースによると、サンディスクは携帯電話メーカーやキャリアに対して容量6GB ・ 8GB microSDHCカードのサンプル出荷を開始しました。8GB microSDカードはサムスンが開発に成功、2008年から出荷開始と発表していましたが、6GB ・ 8GB microSDHCカードの提供はサンディスクいわく世界初。

6GB・8GB版ともにスピードクラスは4。つまり最低保証転送速度4MB/s。世間の注目を集めるiPhoneになんとか絡めたかったらしく、SanDiskモバイルコンシューマソリューション部門VPのJeff Kost氏いわく、「対応スロットを備えたどの携帯でも、最大容量のiPhoneとおなじストレージを実現できます」。さらにリムーバブルだからデータの共有や移動もかんたん、複数枚買えばストレージも増やせるetc。「ユーザはアーティストごとにメディアを交換したがっている」とまではさすがに言わないようです。発売は年内、価格は未定。

(メモリースティックの一番小さいやつことMemory Stick Micro / M2の4GB版も発表されています。こちらは予価$100くらいでまもなく発売。)