ロジクールdiNovo Edge 薄型Bluetoothキーボード

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2007年07月25日, 午後 02:33 in bluetooth
0シェア
FacebookTwitter


刺さりそうな薄さとキーボードなのにクレードル付きで話題になったLogitechのBluetoothキーボードdiNovo Edgeがついに日本のロジクールからも発表されました。特徴は一枚のアクリル板からレーザーカットしたキーボード面+ヘアライン仕上げのアルミ製パームレスト、わずか19.05ミリの薄さ、タッチセンサー式のポインティングデバイスTouchDisc+ボリュームスライダーなど。

ロジクールブランドで国内販売されますがレイアウトは英字のままでテンキーレス。バッテリーは5分充電で1日、2時間充電で2か月。Bluetooth内蔵PCでつかえるほかUSB接続のレシーバも付属します。気になる打鍵感はキーの端っこを押しても安定したキータッチを実現するという「PerfectStrokeシステム」を搭載。本体重量はそれなりに重い940g。

発売は8月10日、ロジクールオンラインストア価格は2万4800円。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: bluetooth, bluetooth keyboard, BluetoothKeyboard, dinovo edge, DinovoEdge, input device, InputDevice, keyboard, logicool, logitech
0シェア
FacebookTwitter