腕がブルースクリーン

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2007年08月2日, 午前 03:00 in blue screen of death
0シェア
FacebookTwitter


キノコ王国を背負った男に続いてタトゥーねた。彫りたてで赤くなった腕に生々しく書かれているのは" A fatal exception 0E has occurred at ~ "といういわゆるBlue Screen Of Death (BSOD)、Windowsのブルースクリーンエラーメッセージ。

いったい何が悲しくて「Ctrl+Alt+Delで再起動」などという文言を体に書き込む気になったのかと思わされますが、勇気を示したり相手を威嚇するタトゥーの定番は怪物や頭蓋骨など不吉のシンボルとされるもの。この腕を拝むことになった相手に平穏な日常(作業)が突然断ち切られたこと、失われたものは取り返しがつかないこと、もはや何をしてもターミネートされるしかない絶望感を伝えるには最適かもしれません。文面を読めば「9X系なみに切れやすい奴」と思われて恐れられる効果も期待できます。

[本家Engadget]
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: blue screen of death, BlueScreenOfDeath, bsod, funny, microsoft, tattoo, windows
0シェア
FacebookTwitter