インテルとAsusがComputex Taipeiで発表した「199ドルノート」ことEee PCのその後どうなったか情報をいくつか。当初の発表では7インチ画面のEee PC 701が「2007年内」、その後の報道では8月という話もありましたが、EeeUser.comフォーラムに掲載されたAsusの回答によれば「9月中旬 / 10月上旬」に販売を予定しているとのこと。また仕様についても100%決定ではないとされています。

最新の未確定仕様は、7月にプロトタイプを触ったというNoteBookReviewの記事によると:
  • 7インチディスプレイ
  • インテル製モバイルCPU (900MHz Pentium M, Dothanベース。 Intel 910チップセット)
  • 512MB SDRAM
  • OSはAsusがカスタマイズしたLinux
  • ストレージは8GB / 16GB フラッシュメモリ
  • バッテリーは4セルで3時間
  • 重量約900g
  • ポート類はUSB 2.0 x3、VGA出力、SDカードリーダ、有線LAN、アナログモデム、アナログ音声In/Out
  • 802.11g無線LAN
  • 30万画素カメラ
など。2GBストレージで$199とされていた価格は8GBで$250が検討中。ディスプレイもキーボードも「すばらしいとはいわないが実用的」との評価がされています。プロトタイプに搭載されていたアプリケーションはブラウザがFirefox、そのほかメッセージングにSKypeや各種IM、WordやExcelファイルの編集、メディア再生系、ゲームなどなど一通り。注目はスタートアップが10秒フラット、シャットダウンが5秒という点。「モバイルコンパニオン」Palm Foleoとおなじく、インスタントオンを活かせば単なる機能限定ノートPCではない利便性がでてくるかもしれません。

Read - EeeUserフォーラム
Read - NoteBookReview