アップルがまたノート向けワイドタッチパネルの特許を出願しています。タイトルは「Wide touchpad on a portable computer」。前回は左右の幅一杯まで広がったようなタッチパネルについての発明でしたが、今回はパームレスト全体にまで拡大したようなイラスト。

本文ではパームレストとして手を載せつつ別の指で入力した場合に意図的な入力だけをフィルタする方法などが解説されているようです。左上のイラストで説明されているのはディスプレイ部分に搭載したイメージセンサ(iSight?)でユーザの手や指の位置を認識するシステム。タッチスクリーンだけの巨大DSのようにみえるのは単にキーボード部分を省略しているため。

プレスカンファレンスの質疑応答ではジョブズ総帥から「マルチタッチMacは研究プロジェクト扱い」との言葉がありましたが、腕が疲れそうなマルチタッチiMacではなく巨大タッチパネルでマルチタッチ入力するMacBookならば現実味がありそうです。