Gamefest 07の開発者向けプレゼンテーションにて、マイクロソフトが一部タイトルについてHDDストレージを必須とすることを認めました。Xbox 360はエントリーモデルのコアシステムにHDDを搭載しないため基本的には個別タイトルがHDDを必須とすることを認めてきませんでしたが、今後はこの制限が緩和されることになります。

対象となるのは「サーバベースの」「MMOs」(多人数オンラインゲーム)、つまりすでにHDDを動作条件にしている例外的存在であるファイナルファンタジーXIのようなゲーム。MMOだったら一律に認めるわけではなくあくまでCase by Caseではあるものの、タイトルごとに「Master Storage File」を作成できる(ゲームからはボリュームに見えユーザ(ダッシュボード)からは単一ファイルに見える)、使用する場合はパッケージに要求容量を明記するといったガイドラインが定められるとのこと。

ライバルであるプレイステーション3は全モデルにHDDを搭載しており、韓国のオンラインゲームメーカーとの提携作や 「Home」 などMMO的タイトル / サービスが登場する予定。Xbox 360もそうしたタイトルの増加に向けた準備が進められているようです。HDD搭載モデルのユーザーにしてみればMMOに限らずすべてのタイトルで部分インストールやフルインストールを認めて最大の騒音源であるDVDドライブ全速回転をなんとかしてもらいたいところですが、比率的には少ないとはいえコアシステムユーザが存在する以上そう簡単にはいかないのかもしれません。

[via Joystiq]