東芝gigabeat T401 無線LAN・4GBフラッシュ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2007年08月28日, 午後 09:00 in gigabeat
0シェア
FacebookTwitter


7月にFCC入りしていた東芝の無線LAN入り新gigabeatが正式に発表されました。ほぼクレジットカードサイズで厚さ9.9mm、約58gの軽量ボディに2.4インチQVGA液晶ディスプレイを配した新シリーズとなり、無線LANを内蔵したT401とスタンダードモデル(Wi Fi非搭載)のT401Sがラインナップされます。

中身としては従来の「Windows Mobile Software」をOSに採用。Windows Mobile for PMCは「今後新バージョンの登場やライセンスがおこなわれることはない」絶滅危惧種でしたがgigabeatでは独自バージョンが生き残っているようです。対応ファイル形式はMP3, WAV, 定額制配信サービスも使えるDRM対応WMA、WMV、さらにWMA 9 Losslessが加わりました。

無線LANでできることは、プレスリリースいわく「アクセスポイントに接続し、PCを介さずインターネット上のニュースや語学番組などのコンテンツのダウンロードが可能な「ポッドキャスト」が利用できます」。また旧バージョンでは「消費電力が大幅に増える以外に違いがよく分からない」といわれた高音質化技術H2CはHDDモデルのV401とおなじく「新H2Cテクノロジー」を採用。連続再生時間は音楽16時間・動画5時間。

カラーバリエーションは無線LAN入りのMET401がブラック、なしのMET401Sがブラック・ホワイト・レッドの三色(続きに掲載)。発売日・価格はMET401が10月5日・shop1048価格2万9800円、MET401Sが9月7日・2万4800円。

[via plus D + 本家Engadget]
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: gigabeat, met401, toshiba
0シェア
FacebookTwitter