ソニー Rolly 写真ギャラリー&CMロングバージョン

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2007年09月1日, 午後 05:00 in rolly
0シェア
FacebookTwitter


ディスコディスコー!というわけで、くるくる踊って光るロボット風プレーヤーであることを示す映像が出回っているソニー「サウンドエンターテインメントプレーヤー」Rollyの写真ギャラリーをお届けします。CM映像(続きを読む、にロングバージョン)の高解像度版をコマ送りで確認してみると、見て取れるのはZMPのロボット音楽プレーヤMiuroと同じような左右のホイール(その場ターン可能)、青以外の色にも光っているマルチカラー(LED)ライト、ぱたぱたとかなり機敏に動く半球状の腕またはカバー、その下に隠れているスピーカー(少なくとも2ch)、ボディ前面中央にお約束SONYロゴ、反対側には小さめに"Rolly"、それより下にはリング状のライト(何らかの状態インジケータ?)。3ボタンくらい?のコントロールパネルらしきものも。

またボディ上部(天面)にはちょっと判別しがたい丸い意匠も確認できます(何らかのコネクタ?まさか首かけ??)。逆にこの映像で見当たらないのは一般的なポータブルプレーヤ的なディスプレイ。映像には登場しない部分のうわさ・予想・妄想としてはBluetoothを内蔵してソニエリ携帯ほかBT機器からのストリーミングで音楽をならすBTスピーカーでは?とも、複数のRollyが無線でシンクロしつつ踊るのでは?? ことによるとプレイステーション3 とも何らかの連携が???とまでさまざまな情報が飛び交っている状況です。


さて、この映像で「Rollyの正体は光って踊るロボ音楽プレーヤだった!」ということになったものの、ソニーからはまだ発表がない未確認情報扱いであることも事実。つまり正式なコメントがあるまでは、非常に手間とカネをかけた偽物だったという可能性も常に残っているということになります。この点について欧州ソニーの広報Sylvia Shin氏に問い合わせてみたところ、そのような映像が存在することは(Engadgetで観て)認識している、しかし真偽についてはコメントを差し控えるとのこと。、また、開催中のIFAでそのような製品が発表される、あるいは新型ウォークマンとそれを結びつけるような噂については真実でないとしています。

どうやらしばらくはバイラルなままで新情報を待つしかなさそうです。バイラルコマーシャルとしては完璧に近い「ディスコディスコー!」はSCENARIO ROCKの"Skitzo Dancer", Justice remixバージョン。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: rolly, sony
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents