計5シリーズ発表された新iPAQの残り2つはリークもされていたスマートフォンiPAQ 600 / iPAQ 900シリーズ。共通の仕様はGSM / WCDMA/ 7.2Mbps HSDPA、Windows Mobile 6 Professional、128MB RAM/256MB ROM、PCA270 520MHz、802.11b/g、Bluetooth 2.0+EDR、AFつき3メガピクセルカメラ、microSDスロット、A-GPS。

違いはiPAQ 900シリーズ 「ビジネスメッセンジャー」が横型の2.46インチタッチスクリーンにQWERTY親指キーボードを搭載、iPAQ 600「ビジネスナビゲーター」が2.8インチタッチスクリーンにナンバーパッド+「smart touch wheel」を採用すること。スマートタッチホイールはこちらの巨大画像(1200x1900)をみても単にプラスチックの数字キーがリング状に膨らんでいるだけにみえますが、なぞって操作するタッチホイールとして機能するようです。