というわけで、平井社長のTGS基調講演で発表されたのはやっぱりこれ。直前にEAが漏らしてしまったためサプライズというほどでもありませんが、ついに!ようやく!やっと!振動が帰ってきます。名称はデュアルショック3となり、SIXAXISに振動がついてちょっと重くなったというほかはほとんど変わらず。TGSでは当初SIXAXISだった試遊台をデュアルショック3に入れ替えるという演出?がおこなわれるようですが、国内で11月というほか価格などは未発表。

講演後の(主催側の人が台本に沿って問答する)QAセッションで「デュアルショック3,どうですか?」と尋ねられた平井社長の言葉は「遊んでいて......懐かしいかな、と」。エミー賞(未遂)コントローラSIXAXISもそのうち「そんなのあったねえ」と懐かしがられるかもしれません。