とても親切なティーザーで予告されていたソニーの有機ELテレビが正式に発表されました。解けたリボンの向こうに現れたのは最薄部約3mm ・11V型の「XEL-1」。有機EL「オーガニックパネル」の採用により、暗所コントラスト比 100万:1以上、具体的な数字はプレスリリースに見当たらないものの優れた色再現性および動画応答性を実現するのが売り。解像度は960×540。

TVとしては地上・BS・110度CSデジタルチューナ、HDMI入力を装備。USBとイーサネットポートも搭載、DLNA対応機器のコンテンツを再生できるソニールームリンクにも対応します。有機EL技術へのコミットメント表明と技術のソニー復活を宣言するシンボル的な意味合いが強い製品ですが、世界初・第一号機を所有することに価値を見いだすかたには、20万円という「ぽんとつけたような」希望小売価格も絶妙に買えてしまう値段かもしれません。発売は12月1日。