2日付けで発表された「お知らせ」によると、任天堂はWiiリモコン用の保護カバー「Wiiリモコンジャケット」を開発、今後販売するWii本体およびリモコン同梱ソフト・リモコン単体に同梱するほか、従来のユーザ全員に無償で提供するとのこと。

このWiiリモコンジャケットは「お客様に、より安心して商品をご利用いただくための改良を日々研究しておりますが」「その一環として」開発されたもので、効果は「しっかり握っていただくための手助け」かつ「万一の場合の接触においてもクッションになる」(と考えている)というもの。

受け取り方はこちらの受付ページから届け先情報(+本体付属の場合は本体付属の場合はシリアルナンバー)を記入して登録。10月中旬より受付順に送付。

Wiiリモコンといえば発売当初からテレビに突き刺さったり窓を割ったりと華々しい戦果を挙げ「世の中にフールプルーフというものはない」ことを証明してきましたが、ストラップ部分の改良に続いてさらに積極的な対策に乗り出したことになります。実際にどの程度が登録するかはともかく、全世界で1000万台超のWii本体累計販売数+単体分すべてに無償提供するとはやはり恐ろしい会社です(訴訟リスクの高い地域だけに配るわけにもいかないから全世界、かもしれないけど)。ライバルの対応、とくに威力棒Viiの出方に注目です。