国内ではマイクロソフトと共同開発のReclusaが発表されたRazerから、ゲーマー向けキーボードの新作LycosaとヘッドセットPiranhaが登場しています。Lycosaの趣向はラバーフィニッシュで滑りにくいキートップ、全キーまたはWASDを浮かび上がらせる青いバックライト、プログラマブルなマクロキー、オンザフライで切り換えられる10種のプロファイル設定、右上にはタッチセンサー式のメディアコントロールパネル、取り外し可能なパームレスト、1000Hzポーリング / 1ms応答速度のHyperesponceキーなど。キーボード側にUSBポート1とマイク・ヘッドホン端子も搭載します。

ピラニアのほうはいかにもRazerな配色とデザイン以外はそれほどゲーマー特化機能もなく、調節可能なブームとノイズフィルタリングマイク、ボリュームやマイクミュートのついたインラインコントロールなど。価格はLycosa / Piranhaともに$80。

Read - Razer Lycosa
Read - Razer Piranha