アップルからまたもや圧力式タッチパッド特許

kentaro
kentaro
2007年10月13日, 午前 11:47 in 入力機器
0シェア
FacebookTwitter



つい先日もアップルからの圧力式タッチパッド特許のニュースをお伝えしたばかりですが、また少し違った方式による圧力式タッチパッド技術の特許がアップルから出ていたことが判明しました。件の特許は2006年5月9日に出願されたもので、二つの透明電極の層の間に弾力のある小さな粒(例: ゴムビーズ)が敷き詰められていて、圧力がかかるとそれらが変形することを利用したもの。指先位置の検出は細かい解像度で、圧力がかかっている場所の検出は粗い解像度でそれぞれ計測することで回路を単純化しています。

さて、今後 iPhone のようなデバイスにこうした圧力式タッチスクリーンが搭載されるものとして、いったいどんなインタフェースに応用されるのでしょうか。もしこれが Nintendo DS の後継機だったりすれば、指圧トレーニングソフトとか魔女裁判ゲームとかに応用されるのでしょうが、IPhone/iPod Touch の場合は、「削除キーあるよね? (右に) これにさくっと触れながらぐっと(やわらかく)押すんだ。(割れないように) (慎重に)すると...」てな隠し機能の実装に使われるのでしょうか。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 入力機器, 特許, input device, InputDevice, touch screen, TouchPad, TouchScreen
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents