パナソニックRP-WF5500 ワイヤレスサラウンドヘッドホン

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2007年10月15日, 午後 07:00 in headphones
0シェア
FacebookTwitter




ソニーのMDR-DS7000に続いてパナソニックからも無線バーチャルサラウンドヘッドホンの新製品が発表されました。RP-WF5500は2.4GHz帯デジタル無線伝送方式を採用、ドルビーデジタル・DTS・MPEG-2 AACのマルチチャンネルソースを仮想サラウンド化して聞ける製品。仮想サラウンド化にはドルビーヘッドホン技術を使用します。

売りはヘッドホン部分の重量が電池込みで255gと軽量化されたこと(現行モデルWF6000比で65%)。トランスミッタ部分もヘッドホンを置いて高さ約10cm、幅17cmとロープロファイルです(寝かせた状態。スタンドも付属)。連続使用時間は付属のニッケル水素充電池で約6時間、市販の単三アルカリ乾電池も使用可能。トランスミッタ部のポート類は光デジタル入力 x2、アナログ入力 x1、光デジタルスルー出力 x1の構成。

発売は11月20日、市場想定価格は約2万円、増設ヘッドホンRP-WF5500Hは約1万円。この種の製品にしてはめずらしく本体色に白が用意されているのもポイントです。(増設ヘッドホンは黒のみ)。

Read - 製品情報
Read - プレスリリース
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: headphones, panasonic
0シェア
FacebookTwitter