アップル、DRMなしのiTunes Plusを拡大、99セントに値下げ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2007年10月17日, 午前 07:00 in apple
0シェア
FacebookTwitter


ここ数日の噂どおり、アップルはiTunes Storeで販売しているiTunes Plus楽曲 (コピー制限や再生機器制限といったDRMなし)を一曲99セントに値下げすると発表しました。iTunes Plusバージョンは従来$1.29に設定されていましたが、FairPlay DRM縛りが付いた通常のiTunes Store曲とおなじ値段で販売されることになります。

リンク先WSJの記事によれば、新価格は現地時間で本日または明日より適用されるとのこと。またiTunes Plusは従来よりEMIのカタログが主でしたが、今後はインディーズレーベルの楽曲も多数追加されることになります。

ジョブズ総帥のお言葉によればiTunes Plus楽曲はiTunes Storeユーザーのあいだで非常に人気が高く、さらにお求めやすくしたとのこと。実際にはアマゾンが一曲89または99セントのDRMフリー音楽ダウンロードストアAmazon mp3を開始したり、アップルと揉めているUniversalがiTunes以外のサービスにDRMフリー楽曲を提供といった事情からライバルに対抗するためと考えられます。とはいえ再生機器のDRMによって買える店やレーベルが決まったり、ハードを乗り換えるとこれまで購入した曲が聴けなくなるといったばかばかしい状況が減り「健全な」市場競争が働くようになりつつあるのは実にすばらしいニュース。「もっと自由に音楽を楽しめる環境づくり」は太平洋の両岸で進んでいるようです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, drm, itunes
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents