CEATECであやしい注目を集めていた山口工芸 / Hacoaの「木ーボード」自作キットは11月中旬出荷、価格3万4800円。刻印済みの木製キーを付属の鋸で切り離して鑢がけ、裏側に固定用パーツを取り付けてキーボード本体にはめ込むという作業をキーの数だけ繰り返すと完成します。材質は写真のメープルとウォルナットの2種類。

26万円の109フル木ーボード完成品や5万円の「樹魂」には手がだせなかった器用なかたはこちらを健闘してみましょう。次は予算に応じてELの数を調節できるOptimus自作キット、職人養成コースつきの漆塗りキーボード自作キットあたりはどうでしょうか。

[Via Impress, 本家Engadget]