ワコムから12.1インチ液晶ペンタブレット Cintiq 12WX

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2007年10月25日, 午後 09:00 in cintiq
0シェア
FacebookTwitter


絵描き志望者あこがれのアレことワコムの液晶ペンタブレットCintiqに、12.1インチ版のCintiq 12WXが加わります。PCの外付けディスプレイとしてはDVI- (アナログVGAまたはDVI-D)接続、ペンタブレットとしてはUSBで接続する製品となり、液晶ディスプレイ部は解像度1280 x 800 (アスペクト比16:10)。ペンタブレットとしてはIntuos 3シリーズと同等の1024レベル筆圧感知、±60レベル傾き検出といった性能。

また画面の左右には計10個のファンクションキー、2つのトラックパッド、PC上の操作・描画対象画面を切り換える「マッピング画面切り替え」キーなどを搭載します。サイズは約40.5センチ x 27センチ で厚さ17mm、1.8kgとそこそこ軽め。発売は11月16日から。店頭想定価格 13万9800円。プロユースはもちろん素人絵描きの「もう後戻りできない」的精進効果アイテムとして、あるいは手元に置くセカンド (サードetc) ディスプレイ兼インプットデバイスとしてマルチディスプレイ道楽にも向きそうです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: cintiq, wacom
0シェア
FacebookTwitter