「iPhoneクローン」 Meizu M8、今度はiPod touch風

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2007年10月31日, 午後 06:16 in meizu
0シェア
FacebookTwitter


究極のiPhoneクローンこと魅族(Meizu) M8 "MiniOne"が模倣品の汚名を返上すべくデザインを一新、シルバーから黒を基調としたカラーリングに変更されました。アップルiPhoneの公開直後に発表されたMeizu M8はいくらなんでもやり過ぎなデザインと、しかもiPhoneを大幅に追い越したスペックで世界を震撼させたタッチスクリーン携帯。

発表から現在までなんどか変更されているものの、ある意味外見以上に驚愕の仕様はたとえば3.4インチ780 x 480タッチスクリーン(iPhoneは480x320)、内蔵16GBフラッシュメモリ、667MHz ARM11系CPU、Windows CE 6.0カーネル、内蔵Bluetoothおよび無線LAN、3メガピクセルカメラ、EDGE対応GSM版およびHSDPA対応3G版など。

明言されていない発売時期はGSM版が来年1月(くらい)、3G版はそのあと(の予定)。iPhoneクローン呼ばわりを返上するという目的はたしかに達成されていますが、根本的な解決をする気はさっぱりないようです。







こちらは旧デザイン。


こちらはデザイン変更前。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: meizu, meizu m8, MeizuM8
0シェア
FacebookTwitter