$250~$400と低価格なミニノートとして話題のAsus Eee PCがさっそく分解されています。リンク先TweakTownが掲載しているのは4GB SSD / 512MB RAM版の8ページに及ぶ分解&コンポーネント解説記事。主要パーツを挙げればCPUがインテルCeleron M 900MHz (100 x9。L1 chache 64KB、L2 512KB。CPUID 05D6h。90nmプロセス)。400MHz FSBでつながっているのはインテル910GML Express チップセット(グラフィックはGMA 900)、サウスブリッジにインテルCH6-Mといった具合。

「ソフトが中国語版のため評価できなかった」というTweakTownによる結論は、万人向けとはいえないものの機能は充分、サブ用途や子供向け、PCに複雑な機能を必要としない大人にはすばらしい入門プラットフォームとのこと。LinuxベースのOSはこちらのサイトで試した気分になれます。

[Via SlashGear]