東芝gigabeatの一番小さい方ことUシリーズがラインナップを更新、U104 / U205 / U206が加わりました。ストレージ容量2GBのgigabeat U205/U206は従来機種U201/202に「オーディオテクニカ スペシャルチューニング」のカナル型ヘッドホンが同梱されるモデル。U104は容量を1GBに、FMチューナー及びトランスミッタを省いたモデル。ややこしいことにU104とU205がおなじデザインとカラーバリエーションで同重量36g (左2つ)、U206が十字型のキーを備えた右端のモデルとなります。

そのほかの仕様は1.1型96x96カラー有機ELディスプレイ、内蔵リチウムイオン電池で約20時間駆動、MP3 / WAV / Windows Media DRM対応WMA再生、ダイレクトエンコーディング機能など。U205/U206はさらに録れるFMチューナーおよびFMトランスミッタを搭載します。発売は11月9日より、想定価格はU205/U206が1万4800円、U104が9800円くらい。