Oakley Split Thump:進化したミュージックアイウェア

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2007年11月7日, 午前 10:00 in eyeware
0シェア
FacebookTwitter


Oakleyのmp3アイウェア新作は「Split Thump」。微妙なモデルチェンジでしつこく音楽プレーヤ内蔵サングラスを販売するオークリーですが、今回の新作はスプリットの名のとおりイヤフォン部分を取り外せるのが特徴。従来モデルはメガネから多関節なアームが伸びて耳に達している必ずしもロープロファイルとは言い難い外見でしたが(婉曲表現)、Split Thumpでは音楽プレーヤとして使用しないときは普通のスポーツサングラスといって通るようになります。

またスプリット以外の特徴は、従来「つる」の上に並んでいたボタンではなく側面の「O」アイコンがそのまま音楽ナビゲーションボタンになっていること。ブランドのシンボルとして単なるサングラスにも付いている「O」ですが、そういえば一般的な音楽プレーヤのコントロールインターフェースそのものです。

そのほかプレーヤとしてはmp3、aac (.m4a)、wma (DRM9)、WAVに対応。同期と充電にはUSB mini-B端子を使い、マスストレージとして音楽以外のファイルを持ち運ぶこともできます(メガネに)。容量は512MB / 1GB / 2GBの三種類、フレームとレンズの組合せで$249~$399くらい。A2DP対応のBluetoothサングラスO ROKRにも新作O ROKR PROが登場していますが、単体で音楽が聴けるこちらはジムやスポーツ向けです。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: eyeware, oakley
0シェア
FacebookTwitter