「ATHLETE」はNASAのJPLで開発されている探査ロボプラットフォーム。名前はAll Terrain Hex-Limbed Extra Terrestrial Explorer、全地形六肢型地球外探査者より。あおった構図の写真から全高15メートルくらいの多脚ロボを期待しそうになりますが、身長は人と同じくらい。脚がたくさんあるロボットにときめくという方は続きに掲載した動画をごらんください。

タイヤ付きの六本脚で平坦な場所では輪行、険しい地形では歩行が可能といったところは見た目そのままですが、萌える 興味深いのは任意の肢にアタッチメントを取り付けて腕として使うこともでき、しかも車輪用のモーターでパワーツールまで扱えること。動画ではドリル・アタッチメントを付けてぐりぐりと回すところがみられます。目標は10年後程度のスパンで月面などの探査に利用すること。ただ名前はアスリートでもあまり俊足ではないらしく、電動ドリルやハサミを装着した六本脚ロボに追いかけられることになっても(今のところは)楽に逃げられそうです。

[via MAKE: Blog]