最初の200台が来月にも出荷予定のOptimus Maximusキーボードに、とうとう実機でレイアウトを変更する動画が公開されました。これまでも基板とELキーのテストや単色のパターン表示デモは公開されていましたが、今回は本体色が黒と白のOptimus Maximus実機(サンプル)でキートップにアイコン・文字を表示、リアルタイムに書き換えてレイアウトを変化させる様がみられます。

Optimusプロジェクトについて逐一しつこく経過をお伝えしておきながら、出荷までにはまだひと波乱くらいあるのがArt Lebedev流と思っていましたが、サンプルとはいえハードウェア的にはまさに宣伝どおりのものが完成していることになります。ほぼ完成品のキーボードとして見るとやはりちょっとキーが大きめだったりその中央部分にしか絵がでないなどやや気になる点もあるものの、キーボードが煌々と光ってアニメーションするのはやはり大きなインパクト。初回予約分は完売していますが、第二陣は来年2月後半にも出荷予定です。価格は約20万円。