DS Liteより薄い新DS、すでに完成説

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2007年11月15日, 午後 11:45 in nintendo
0シェア
FacebookTwitter


任天堂がDS Liteの後継となる次のDSを開発中といううわさ、あるいは当然の予測は以前から語られていますが、今度はやや具体的な話が出てきました。Pacific Crest SecuritiesのアナリストEvan Wilson氏が「関係筋」から得たという情報によると、新DSはDS Liteよりもさらに薄く軽く、より大きな画面を備え、しかも「オンボードストレージ」を内蔵したモデルになるとのこと。

頑丈な外装や2画面、スロットといった最低限必要な要素を考えると現状からさらに薄くしようにも物理的に限りがあるように思えますが、Wilson氏によれば新型はGBAスロットを廃止してDSカードスロットのみの構成とすることで薄さを実現します(ということになっています)。

また本体内蔵のストレージがあればたとえばWii経由でダウンロードしたソフトウェアをDS本体に保存することができ、DSの可能性つまり任天堂の戦略もさらに幅が広がることになります(たとえば、物理スロットはなくてもDSのアーキテクチャ的にハードウェア互換性があるGBAタイトル、あるいは2世代前でソフトウェアエミュレーションが容易なGBタイトルのWiiを通じたダウンロード販売)。

さて、現行のDS Liteが毎日持ち歩くには重すぎると感じているかたには非常に魅力的な新型ですが、登場時期の予測は「三大市場のすべてで需要が落ち始めてから」。日本ではようやく普通に購入できるようになりましたが、テコ入れに後継機を投入するような売り上げになるまではまだかかりそうです。

[via Joystiq]
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: nintendo, nintendo ds, nintendo ds lite, NintendoDs, NintendoDsLite
0シェア
FacebookTwitter