iPod間ファイル交換アダプタmiShare 試用リポート

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2007年11月21日, 午後 12:00 in ipod
0シェア
FacebookTwitter


先週お伝えした「iPod to iPod ファイル転送アダプタ」 miShareの独占リポートをお届けします。miShareは2つのDockコネクタを持ち、iPodからiPodへ直接ファイルの転送が可能という製品。中身は組み込みLinuxベースで動いており、オープンソースのiPodマウントソフトでiPod内部のファイル構造とデータベースにアクセスするという仕組み。つまり一般的に売っているHDD間コピーアダプタのiPod版のようなもの。

公式サイトは大げさな宣伝文句とCGイメージだけで消えてゆく蒸気ハードウェア的な香りを漂わせていますが、開発者からお借りした試作機を実際に試してみた結論は「本当に宣伝どおりに動いた」。非常にシンプルなので説明することもあまりないものの、ドックコネクタにソースとターゲットそれぞれのiPodを接続して(iPodがマウント表示になる)、真ん中のボタンを押す、だけで転送が開始されます。

転送するメディアの種類は音楽・写真・動画に対応しており、miShare本体のスライドスイッチで切り替えます。iPodをつないで中央の大きなボタンを押せばそれぞれの種類で最後に再生または表示したファイルが、長押しすればソース側のiPodでOn-The-Goプレイリストに入っている曲がすべて転送される仕組み。ターゲット側にはmiShareのPlaylistとして現れます。

iPod同士でコピーした曲をiTunesにインポートするのは少々面倒ですが(ライブラリをマニュアルで管理する設定に一時的に変更する必要あり)、手順の解説が用意されています。miShare本体は内蔵バッテリーで動いており、付属のACアダプタで充電可能。試用した範囲で気付いた点といえば転送が遅い( 500K / 秒) ことくらい。開発者によれば、一週間程度で予約を開始するとのこと。予価は$99。


 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: ipod, ipod accessory, IpodAccessory, mishare
0シェア
FacebookTwitter