有機ELキーボードOptimus Maximus:ついに完成、実機ギャラリー

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2007年11月22日, 午前 05:20 in art lebedev
0シェア
FacebookTwitter


発表から約2年を経てようやく完成、年末の出荷を待つOLEDディスプレイキーボードOptimus Maximusが、ほぼ製品版とおなじ実働サンプルとしてNY SoHoのWired Storeでお披露目されています。開発途中でキーの形式が変更されたり、一度はカラーを断念してモノクロ版から製品化すると発表してまた改めたりと曲折のあったOptimus Maximusですが、完成したハードウェア(サンプル)はじつにゴージャス。各キートップのディスプレイは非常に明るく、作りも非常にしっかりした印象です。

キーの書き換えもデモされており(続きに動画)、たしかに発表当初の構想を実現できているといえます。構造上かなり大きめになっているキーの打鍵感、製品としての総合的な使用感などはソフトウェアを含めて機能する評価機を待って続報をお届けします。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: art lebedev, ArtLebedev, input devices, InputDevices, keyboard, optimus, optimus maximus, OptimusMaximus
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents