APによると、冬のニューヨークの風物詩 ロックフェラーセンターのクリスマスツリーはイルミネーションを電球からLEDに切り替えるとのこと。ツリーは高さ約25.6メートル、使用されるマルチカラーLEDは3万個、配線は延べ5マイル、8kmほど。

ブルームバーグ市長いわく、LED化したツリーによって千万のNY市民および観光客に対して、地球に優しい「グリーンな」選択について啓発したい、とのこと。「グリーンなリーダーシップの実例を目にすることは、市民が生活のなかでグリーンな選択をするきっかけになるだろう」。

ツリーの点灯セレモニーは11月28日。それからは来年1月の第一週までほぼ毎日、午前5時30分から午後11時30分まで光り続けることになります。LED化による省電力効果は一日にして3510kWから1297kW、差し引き2213kW。日本における一般家庭の平均月間消費電力を300kWとすれば約7カ月分。


[Photo courtesy of Wikimedia Commons]