ひざ載せキーボード&マウスLapboard 販売開始

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2007年12月16日, 午後 06:00 in input devices
0シェア
FacebookTwitter



コンセプトしかない夢のゲームマシン「Phantom」を何年も宣伝しつづけた挙げ句やっぱりキャンセルしたPhantom Entertainment (元Infinium Labs)から、同社初の実在する製品になるかもしれない「Lapboard」の販売が開始されました。ラップボードはPCデスク以外の場所でもキーボード&マウス操作(のゲーム)ができるというヒザ載せワイヤレスキーボード製品。マウスパッドとキーボードの二階建て構造になっており、鍵盤部分は180度回転してマウスの左手持ちにも対応します。

一年以上前にブティックPCメーカーのAlienwareがLapboardを発注、「2006年11月発売予定」というニュースをお伝えしたような気がしますが、今度こそ自社のオンラインストアで受注を開始したようです。価格は一年前と変わらない$129.95。ただし出荷日などは未定、販売サイトは一応https:になっているものの証明書は期限切れ。注文するにはちょっと勇気が必要ですが、そもそも製品をひとつも世に出していないどころか何度もSEC(証券取引委員会)のお世話になっている会社なのでSSLがちゃんとしていてもあまり変わりません。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: input devices, InputDevices, keyboard, lapboard, phantom
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents