単なる中国製ニセiPhoneは本物の発売前から捨てるほど登場していますが、写真の「1600万色」(名称不明)は物まね技能をさらに洗練、アップルが10年前に始めたキャンペーン「think different」を広告に採用しているようです。中国語のテレビショッピング・コマーシャルは続きに掲載。

あまり触れても仕方がない中身は3.2インチ「1600万色」ディスプレイ、Bluetooth、microSDスロットなど。本物よりやや厚いところ、外部ストレージを備えるところ、モーションセンサーで振って着信といったあたりがまあディファレントといえばディファレントかもしれません。

[Via Engadget Chinese]