東芝G920, G930, G800:スマートフォン2008年ロードマップ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2007年12月21日, 午後 02:01 in toshiba
0シェア
FacebookTwitter


先日存在が確認されたPortege G910 / G920につづいて、さらに次世代の「G930」を含む東芝製スマートフォンのロードマップとされる情報が届きました。Portavik.ruが掲載している「ロシア国内でおこなわれたプレゼンテーション」画像によれば、東芝は2008年Q1(第1四半期)にも登場となるG920のほか少なくとも5機種(+各地域バリエーション)を用意していることになります。

ハイエンドのさらに上位らしい「ULTRA」から「HIGH」「MID」のグループを縦軸、投入時期を横軸にとったスライドでは、「ULTRA」に属する"PDA QWERTY"型の新機種G920が2008年Q1、G930がQ3末・Q4。その下にはウルトラハイエンドとハイエンドの中間という位置づけのG800が2008年Q1なかばあたりに位置しています。フォームファクタは「PDA QWERTY」と「BAR QWERTY」にまたがる「STYLUS」。

ハイエンドからミッドレンジの中間にはG920と同時期に登場する「G710 (GPS)」。この機種の後継はQ3末に「G720 (GPS)」。さらに下にはQWERTYキーボードを持たない機種と思われる「USB Modem Phone」なる分類のG450が書かれています。いきなり一年分のロードマップが登場してやや圧倒されますが、G920 (おそらくマイナーバージョン違いの910)・G710・G450あたりは一月からのCESでお披露目されると思われます。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: toshiba
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents