GP2Xコミニュティ発の次世代機は「PANDORA」?

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2007年12月21日, 午後 04:00
0シェア
FacebookTwitter


オープン携帯機GP2Xの「魂の後継機」らしいコミュニティベース次世代マシンには「PANDORA」という名が選ばれたようです。ほとんど情報のない公式サイトOpenPandora.orgおよびGP2Xフォーラムに出没する開発者からの情報によれば、パンドラは4.3インチ800x480タッチスクリーンに十字キー、アナログスティックx2、ゲーム用ボタン、さらにQWERTYキーボードまで備えたクラムシェル型になるとのこと。

暫定イメージでは二回り大きくなった任天堂DSの上画面がPSPサイズの高精細液晶になり、下半分にゲームキーとキーボードがついたような形に。現在の仕様はARM Cortex A8 CPU、128MB RAM、OpenGL ES 2.0互換のGPU、802.11b/g WiFI、デュアルSDHCスロット、TV出力にUSBホストなど。

(エミュレーション)性能としては初代PSゲームは楽に再現、がんばればN64までいけるかも、と曖昧な表記がされています。「コミュニティ」発のハードウェアといえばかつては華々しい企画倒れが目につきましたが、最近は技術力をあげてきた小規模なOEMメーカーと協力しつつビジネスに発展する例もでできています。オープンでパンドラという不吉な名前の携帯機もなんとか形にしてほしいところです。

Read - OpenPandora.org
Read - Pandora Wiki
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

0シェア
FacebookTwitter